呼吸を整えてみる

「何もしてないのになー。最近疲れが溜まって仕方が無い」などという方は、日常生活の中で、リラックスができていない可能性も考えられませんか。常に、筋肉に緊張がある人は、疲れがたまりやすいのだそうです。

筋肉が緊張することによって、腰痛や肩こり眼精疲労などを、生み出すのだそうです。自分はリラックスしているつもりでも、筋肉が緊張している方は、深呼吸などの深い呼吸法を取り入れて、日頃のご自身の呼吸の状態をチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

浅い呼吸は、どうしても心身をリラックスすることができず、それに伴って筋肉なども緊張し、内臓や体に負荷をかけてしまっているなどとも考えられているそうです。

呼吸を整えることは、どんな場所でも行えることですので、朝の通勤時間の電車を待ってる間、ホームで呼吸を整える、仕事の合間にトイレ休憩などで一旦、浅くなっている呼吸を整えるなど、まずは、ご自身が思っている以上に、凝り固まっている筋肉や心の緊張を、解きほぐしてみてはいかがでしょうか。

元気なお年寄りと日本

超高齢社会の中で、100歳まで美しく若くいたいという方は、大変多いのではないでしょうか。年齢とともに、腰痛や肩こりに悩み、背中を丸めて歩くようでは、せっかく長生きできても、人生の楽しみが半減してしまうなどと、考えている高齢者の方が大変多いようです。

人生の楽しみを増やすなど、生きがいを増やすことによって、若々しさを保っていたいと考えるお年寄りの姿が増えつつあるようです。

スポーツジムなどで体操のお教室に通われたり、おしゃれを楽しむことで御自身の新しい発見を常に探していたり、元気なお年寄りが、日本中のあちこちにに急激に増えているようにも感じられませんか?

さらに、ヨガやストレッチ、または自治会のラジオ体操などに積極的に参加されて、体力的にも見た目も、元気でいたいという高齢者の方が増えていらっしゃるようです。

お仕事をリタイヤされ、子育ても卒業された方々が、新たなる興味や意識を持って元気にされている姿は何とも頼もしい限りですね。

姿勢が良くなる暮らしのヒントを考える

ファッション誌などでモデル業をされるモデルさんなどが、街中の雑踏に紛れていると、その歩き姿が一段と目を引くのはモデルウォークとも言われる美しい歩き方にもありますが、私自身はその姿勢に視線が注が注がれてしまいます。美しい人と私自身が定義するのは歩き方もさることながら、姿勢がきちんと整っている人の歩く姿はとても美しいものだと感じています。姿勢がきれいない人は、見ているだけでも清々しく健康面でも精神面でも健康的な暮らしをしているのではないかとみているがわに思わせてくれます。そのように姿勢が美しい人たちは、いったいどのような暮らしぶりをしているのか、そのライフスタイルを垣間見てみたいなどと、思われることも多いのではないでしょうか。常に定期的に整体やマッサージに通ったり、ジムに通ったり、スポーツなどの運動を常日頃から心がけていたり、身体が喜ぶ習慣を常に生活のなかに取り入れていることは確かなことでしょう。皆さんは、身体が喜ぶ習慣を生活のなかに取り入れていらっしゃいますか。姿勢が良くなる暮らしのヒントを是非とも考えてみてください。

「ヨガ」で呼吸をととのえましょう

カラダが硬い方でも「ヨガ」に取り組むことで、日常生活においてこわばってしまっている関節や筋力をほぐしてみませんか。毎日の暮らしのなかで皆さんが感じている緊張感や疲労間は、知らず知らずのうちに身体の強張りやコリなどとなって体調の不良にもつながっているようです。「ヨガ」は、深い呼吸とともに全身の筋肉を伸ばしたり、関節の可動域を広げることで心身ともに「健康体」に近づけていくエクササイズであります。オフィスでの長時間デスクワークや、多忙な家事の合間にプチヨガを取り入れながら、多忙な毎日に浅くなりがちな呼吸を整えてみましょう。「ヨガ」に必要とされることは、身体の柔らかさなどの柔軟性だけではありません。暮らしの日々のなかで乱れがちな呼吸を整え、本来の皆さんにある身体能力の極限を覚醒させていく取り組みでもあるのです。継続的に「ヨガ」を実施するなかで正しい姿勢をみつけだし、日々の生活のなかで必要とされる身体の動かし方を見直してみましょう。

普段の生活から歪みを治すこと

肩こり予防のために、意識して動的ストレッチ、静的ストレッチを日常に取り入れることが肝心だそうです。ストレッチが肩こりにいいそうです。わかっていても、やらなければまったく意味はないそうです。ゆっくりと肩を回す、首をまわす、それだけでいいので、やるようにするのが大切だそうです。肩こりの予防はストレッチを意識して生活に取り入れていくといいそうです。
身体のバランスが取れていれば病気はしないといわれているそうです。骨格が歪んでいて左右対称でないことが、腰の筋肉の緊張を生んでいるといえるそうです。今の歪みと逆のことをしたら、左右対称になるかもしれないと考えた人が、身体の歪みと逆の行動を意識して動いたりしたそうです。
そういった考えのもと徐々に歪は改善されていったそうです。
骨盤のねじれ、身体のねじれもなくなっていったそうです。
骨格の歪みが大きな場合は、緩消法の効果があらわれにくいことがあるそうです。その場合は、自分の身体の歪みと逆のことをしていけば、骨格の歪みは戻っていくそうです。そうなると、腰や肩の筋肉の緊張も解消されていくそうです。
普段の生活で、自分の身体の歪みを意識して調整する方法があるそうです。
まず、自分の身体がどちら側にどれだけ歪んでいるのかということを見ることが大切だそうです。全身が映る鏡の前に立って、目をつぶり、30秒~1分くらいで、フラフラしてきたら目を開けて、鏡に移っている姿を見るそうです。鏡に映った自分の姿を見た瞬間に、まっすぐ立とうとして無意識に力が入るそうです。力を抜くようにしなければならないそうです。
普段から立ち方に気をつけることが大切だそうです。
下がっている方の肩を上げるようにするそうです。

クロレラを調べてみよう

サプリメント製品などでもよくみかける、「クロレラ」は、地球の誕生当時から、地球上に存在していたと考えられている単細胞の藻であります。主に、池や湖などにいる水生のプランクトンであるのですが、1890年に発見されその栄養素が注目を浴びてきました。●たんぱく質●炭水化物●食物繊維●核酸●ビタミン●ミネラル●脂質 など、その豊富な栄養素は、脚光を浴び、多くの有識者たちによって研究が重ねられております。クロレラは非常に生命力の強い生物であるようで、光エネルギーを化学エネルギーに変換する、クロレラのもつ、葉緑素にも注目が集められているようです。このような完全栄養素とも言えるような食品を、摂取していれば健康が維持できるとも考えがちですが、実際には、クロレラを摂取する事で、便秘になりがちな体質の人もいれば、既に持病を治療中であったりする人が、お薬などを服用しているような場合は、クロレラに含まれる成分が、お薬の働きを妨げてしまうような可能性もあるようで、栄養素が豊富であるからといって、全ての人が、健康食品として口にできるものでもなさそうです。クロレラは、緑色が特徴ですが、最近はスムジーなどのトッピングにも活用されているので、気軽に摂取できている人もいるのではないでしょうか?

サプリメントの相互作用

「骨粗しょう症」の治療を受けている方は、カルシウム系のサプリメントの使用に注意が必要であるようです。骨粗しょう症は、骨に蓄えていたミネラルなどが欠乏してしまう為、なるだけ多くのカルシウムを摂取しようとする人々が多いようですが、かかりつけの医師から、既にお薬を処方され服用されている方は、サプリメントの摂取については注意が必要です。必ず、医師への相談を行いましょう。医師からのOKサインをもらわないうちに、自己判断などでカルシウム系のサプリメントを摂取されますと、思ってもいない危険性を招いてしまう事もあるようです。お薬の効き具合や、サプリメントの作用の現れは、皆さんの体調や病状によっても大きく異なってくるものです。サプリメントは、「健康食品」だから、「食べ物」だから薬と併用しても「大丈夫」であろう、というような安易な考えには、「危険」が伴ってしまいます。お薬の種類や量などによっては、サプリメントでなくとも、食べ物とお薬との食べ合わせがNGである場合もあります。

お腹の調子はメンタルと直結です

最近の現代人は、ストレスが溜まることで、ついイライラとなってしてしまいますが、イライラしがちな人々の腹部は、緊張などで、硬くなっているなどと言われることがあります。また、腹部が硬直することで、便秘などが引き起こしやすくなり、イライラと便秘が悪循環に繰り返される可能性があります。「なんだか、イライラするなぁ」と感じた時は、お腹の上に、カイロを当ててお腹を温めたり、手のひらで、時計回りにマッサージをするなどといったことが良いでしょう。お腹を撫でる仕草を、日常的に行っていると、腹部の硬直を抑えることができますので、休憩時間や、お休み前などに、気付いた時に意識的に腹部のマッサージを行ってみるのも良いでしょう。腹部の硬直から、便秘などが慢性的になりますと、のぼせや肩こり、腰痛、眠気、食欲不振など、様々な体調不良が出てくる方が多いようです。お腹のマッサージは、便秘予防、さらにはイライラ防止などにつながってきますので、常にお腹を冷やさないようなケアも必要です。

難しくない!!だから続けられるヨガ

ヨガ(Yoga)というと、なんとなくイメージはできるけど、どういったものなのかわからない人も多いはず。「あんな難しいポズ、ゃれそうにない」「私は身体が硬いから、どうせ無理」。こんな理由で、ヨガを難しいものと捉えている人も多いのではないでしょうか。
確かに難しいポーズ(アーサナ)もあります。だからといって身体が硬いカ、らやっても意味が無いのか、というとまったくそういうものではないのです。刺激が大事なのです。むしろ、身体の硬い人ほどやって欲しいと思います。
人聞は加齢と共に細胞に弾力性が失くなってきます。「難しい!!」と思う前に挑戦してみて下さし、。決して無理はせずに、自分なりのぺースで続けましょう。身体は必ず変わってきます。こうして続けていくと、様々な効果が出てきます。